補助科目を設定しましょう!

補助科目を設定しましょう

補助科目を有効利用することで、会計能力はグンと高まります。
そもそも補助科目とは何かを説明しなければなりませんが、要は、勘定科目を補助する役割のある科目です。
例えば、売掛金という勘定科目を例に考えましょう。通常の会社では売掛先(取引先)が多岐に渡る場合もあります。もし補助科目がなければ、売掛金合計で1億円あったとしてもその内訳は分かりません。でも補助科目があれば、例えば、、株式会社Aに対して1,500万円、株式会社Bに対して2,000万円といった感じで、細かい内訳が分かるのです。

それでは補助科目の作成方法について説明します。総勘定元帳の画面を開いた状態で上部真ん中あたりに、「科目設定」のボタンがあります。

箕面市


これをクリックすると各科目の一覧が表示されます。
例えば、売掛金の補助科目を作成したい場合には、まずは売掛金にカーソルを合わせ(売掛金欄が黒く塗りつぶされます)、その上で右クリックします。そして、その中の「補助科目を作成」をクリックしたら、あとは簡単。相手先の名前等を入力して、その繰り返しになります。

八尾市


<最低限必要な補助科目>
●「普通預金」の中に取引銀行を設定(一つでも設定します)
●「預り金」の中に、①給与、②税理士、③社会保険料を設定。

確定申告

年末調整