決算を終えて翌期用のデータを作る方法(繰越処理の方法)

決算を終えて翌期用のデータを作る方法(繰越処理の方法)

決算が確定すればら翌期用のデータ入力作業に入りますが、もしそのままの状態で翌期分を入力してしまえば大変なことになります。
例えば、3月決算の場合に、翌期の4月データを打ち込んでしますと、前年の4月のデータに翌期の4月のデータが上書きされてしまい、せっかく確定した前期のデータも狂ってしまうことになります。
そのために行う作業がデータの繰越作業になります。



まずは、「ファイル」→「繰越処理」をクリックしましょう。

現金出納帳


「次年度への繰越」の画面になるので「次へ」をクリックします。
次に「バックアップの設定」の画面になります。これは、次年度更新前の直前データをバックアップ保存する作業になります。
「参照」ボタンをクリックして「保存場所」をお好みで選びましょう。「ファイル名」も今日の日付を挿入する等して分かりやすくしましょう。最後に「次へ」をクリックします。

振替伝票


そうすると「会計期間の変更」画面になりますが何もせず「次へ」をクリックします。
「手形管理」画面、「入出金予定」画面、「預貯金管理」画面、「借入金管理」画面、「予算の設定」画面、「電子帳簿保存の設定」画面については、何もせずにそのまま「次へ」をクリックします。
「事業所データ名」画面についてはお好みのデータ名に変更してから「次へ」をクリックしてください。
そして最後に「繰越実行」です。


これで作業は完了です。現状は新年度の画面が開いていますが、前期分を見たいときも多いと思います。そういうときは「ファイル」→「年度切り替え」ボタンをクリックします。後は好みの会計期間を選択するだけですね。

普通預金