仕訳アドバイザーを利用して簡単に取引入力

仕訳アドバイザーを利用して簡単に取引入力

「仕訳アドバイザー」機能を使えば簡単に取引が入力できます。ここで注意すべきは一点だけです。
現金取引と預金取引を区別すること。これだけです。
「預金取引」は貴社の通帳に記帳される取引です。「現金取引」はそれ以外の取引と考えます。



まずは「ナビゲータ」から「仕訳アドバイザー」をクリックしましょう。

確定申告


クリック後に以下のような画面が出てきますね

年末調整


あとは、左側にあるタブの中から、入力する取引を選んでいきます。
例えば、「5万円の消耗品を現金で購入した場合」は以下のようになります。

明石市


伊丹市


「近い!」と思う処理を見つければ「仕訳作成ボタン」を押しましょう!
後は、金額と摘要欄を入力するだけです。(摘要欄には、いつ、どこで、誰と、何を、といった項目を入力)
最後に右上の登録ボタンをクリックすれば取引は登録されたことになります。

宝塚


これがもし預金取引(通帳記帳される)の場合はどうなるでしょう?

まずは仕訳アドバイザーの中で近い取引を探します。

西宮


見つけたら「仕訳作成」ボタンを押しましょう!
金額や補助科目、摘要欄を入力すれば、あとは登録ボタンをクリックして終わりです。

芦屋